キャッシングの追加融資

キャッシングで追加の融資を受けるにはどんな手順が必要なのでしょうか?

実はキャッシングは利用限度額が設定されるので、追加の融資はとても簡単です。

一度契約をすると利用限度額の範囲内であれば、
自由に借りることがことができます。

追加で借りるにあたって改めて契約する必要がありません。

つまり、利用限度額に余裕があれば、
無条件で借りることができるということです。

ただ、利用限度額に余裕がない場合は、
増額申請をしてキャッシング枠を広げる必要があります。

この場合の増額申請は、あらためて審査することになるので、
すぐに借りれるというものではないので注意が必要です。

また、
借り入れの総額は総量規制によって制限されていますし、
貸し出しをしてくれる会社にも規定があると思われますのでそう簡単にはいかないようです。

カードローンの限度額を増やすには

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングでも限度額が設定されています。

銀行カードローンでは1000万円という会社もありますが、
消費者金融の場合は500万円程度としている会社が多いようです。

というのも銀行カードローンは総量規制の適用をうけないので

年収の3分の1を超える融資も可能になっていますので、
大型の融資にも対応できるようになっているようです。

増額の申請は、基本的にすぐできるというものではないようです。

ある程度の返済実績も見られるからのようです。

また、増額申請のときには他社からの借り入れもかなりポイントになるようです。

なるべく増額申請をするときは他社で借りることは避けたほうが良さそうです。

どうしてカードローンの審査に落ちてしまうの?

基本的にキャッシングもカードローンも個人情報に問題がなくて
収入がそこそこ安定していれば審査に落ちてしまうことはありません。

それでも審査に落ちてしまう理由は、
勤務先や勤務形態に問題があるかもしれません。

どういうことかというと、

個人で営業しているようなお店や組織に勤めているようなケースでは、
審査上ちょっと不利になるかもしれません。

そもそもそういった会社やお店では正社員というのではなく
アルバイトやパートという扱いかもしれません。

そうなってくると安定した収入があると言えるかどうかは
キャッシング会社の判断になってきます。

このあたりは業者によって考え方が違うのでなんとも言えませんが、
もし、審査で不安が残るようなら2、3社くらい申し込みをしてみるといいかもしれません。